「ローン」の意義について

お金の計算学生であれば、誰かからお金を借りたことがあるとしても、正式に『ローン』を組むことはなかったと思います。大人であれば嫌と言うほどそういった手段を考えるものですが、少なくとも学生のうちはそういったことは考えないはずです。ローンは、いわゆる『借金』です。少し言い方が悪いかもしれませんが、最初のうちはそのように捉えておいた方が賢明です。ローンは少額の買い物をする時にするようなものではなく、大きな出費が必要な時に、組むものです。例えば車を購入する時、特に新車であれば一括で購入するというのはなかなか難しいものです。そこで、ローンを組むことによって、月額でそれを支払っていくのです。一括の負担がなくなりますので、働きながらだと、余裕でローンを返済していくことが出来ます。

注意しなければならないのは、誰かからお金を借りた時とはことなり、返済に猶予が基本的にない、ということです。返済が遅れたかどうか、滞納していないかどうかという点は、本人の信用情報を左右させるので、可能な限りは返済が遅れることも、滞ることも避けるべきです。それよりも、ローンを組む時にきちんと返済に関して計画を立て、無理のない返済を行えるようにします

学費…将来を左右すること?

学ぶということは、学生の時だけではなく、一生が勉強である、とも言われることがありますが、私達の生涯において、最も勉強している、と言えるのは学生の頃、かもしれません。もちろん社会勉強という意味では大人になってからの方がたくさん勉強しているかもしれませんが、本来の意味での勉強、という点では学生時代に勝るものはありません。勉強

学生時代は吸収力も高く、様々なことを習得していく上で一番良い時期だからです。学生の頃の思い出を、ぜひ大切にして欲しいのはそういった理由があります。大人になって、必ず生きてくるからです。さて、そこで考えなければならないのが、進路の問題です。中学校卒業、そして高校卒業、大学卒業…という分岐点では、必ずと言って良いほど、将来のことについて考えます。就職か、進学か…はたまた全く異なった道に進むか…最終的にはその決定は本人に任されている、と言えますが、単に本人の希望だけでは、未来が決められないことがあります。それが、『学費』の問題です。

多くの学生は、親から援助を受けて高校や大学などに通っているでしょう。義務教育の頃とはまた異なった負担が掛かりますから、費用の面に関しては、本人の希望が必ずしも通るとは言えません。しかし、多くの親は子どもたちに自分が思う道に歩んで欲しいと思っています。お金の問題を考える上で、一つ『学生ローン』について考えてみましょう。学生が学生ローンを利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。