ローンを組む条件とは

親からしてみれば子どもが学生のうちはかなりの出費が必要となることは分かっています。その一つが学費で、これは通っている学校にもよりますが、多くの費用が掛かります。特に大学進学となれば今までの学費よりも大幅に掛かりますから、それは負担となっていることは子どもも承知しているかもしれません。そのほかに、どのような出費が生じる場合があるのでしょうか。例えば、学生のうちに車の免許を取得しておきたい、と思っているかもしれません。車の免許を取得するためにも、20万円前後の費用が掛かります。それも、一度で払うのは難しいかもしれません。そういったときに、学生でも契約することのできる学生ローンを使う、という手段があります。

関連資料〔学生ローンのイー・キャンパス〕

そもそもなぜ学生でも、ローンを組むことができるのでしょうか。それは、確実な収入がある、親が保証人になるからです。これが、学生がローンを組む第一条件といっても過言ではありません。逆に言えば親がそれを認めればローンを組むこともできるのです。学費や車の免許を取得する時、その他何らかの費用が掛かってくる時にも、学生ローンを使用することによって、そういった面での費用を賄うことができるので、助かるでしょう。