「ローン」の意義について

学生であれば、誰かからお金を借りたことがあるとしても、正式に『ローン』を組むことはなかったと思います。大人であれば嫌と言うほどそういった手段を考えるものですが、少なくとも学生のうちはそういったことは考えないはずです。ローンは、いわゆる『借金』です。少し言い方が悪いかもしれませんが、最初のうちはそのように捉えておいた方が賢明です。ローンは少額の買い物をする時にするようなものではなく、大きな出費が必要な時に、組むものです。例えば車を購入する時、特に新車であれば一括で購入するというのはなかなか難しいものです。そこで、ローンを組むことによって、月額でそれを支払っていくのです。一括の負担がなくなりますので、働きながらだと、余裕でローンを返済していくことが出来ます。

注意しなければならないのは、誰かからお金を借りた時とはことなり、返済に猶予が基本的にない、ということです。返済が遅れたかどうか、滞納していないかどうかという点は、本人の信用情報を左右させるので、可能な限りは返済が遅れることも、滞ることも避けるべきです。それよりも、ローンを組む時にきちんと返済に関して計画を立て、無理のない返済を行えるようにします。